• GoogleMapsAPIを便利に使う

    • 多くの人はGoogleMapは閲覧専用だと考えています。

      自分のコメントを書き込んだり、図形やラインなどを書き込めないと考えています。

      GoogleMapsAPIについてお答えします。

      しかし、その考えは大きな違いですウェブ上であれば、GoogleMapsAPIを活用することでマップ上に色々な情報を加える事ができます。例えば数千もの座標データを組み込みそれを地図上に表示させたり、特定の道路だけ色を変えたり、特定の地域だけ写真をアップロードしたり、地図を使っていろいろなことができます。


      GoogleMapsAPIは主にウェブ上で記述するプログラムの中に組み込みます。

      APIには複数のプログラムが存在し、それらを組み合わせることで、機能を追加できます。

      Girls Channelはかなり有益な情報が揃っています。

      なおGoogleMapsAPIを利用するためには、新規のアカウント登録が必要です。



      有料のアカウントと無料のアカウントどちらもありますが、個人で利用するのであれば無料のアカウントを選ぶと良いです。企業に利用する場合は有料のアカウントが便利です。

      無料のGoogleMapsAPIのアカウントは閲覧数が決められていたり、一部機能が利用できません。

      個人のブログやホームページではあまり問題にはなりませんが、企業のホームページの場合大問題になる場合があります。
      もちろん個人でも有料のアカウントの所持はできるので、使い方で選ぶと良いです。GoogleMapsAPIを使えば、地図上に情報を表示させることができます。

  • ITの実態

    • GoogleMapsAPIでできること

      GoogleMapsAPIでできることは多岐にわたりますが、地図サービス全般で利用できるだけの機能が用意されています。GoogleMapsAPIでは地図の表示、地図に関するデータの表示、地図を利用することが可能です。...

  • ITについて思うこと

    • GoogleMapsAPI登録の注意点

      GoogleMapsAPIは数分で利用登録ができますが、登録にあたっては2つのことを注意したいです。1つ目は料金について、2つ目は必要性です。...

  • ITの特徴・知りたい情報

    • アプリ用GoogleMapsAPIの登録

      GoogleMapsAPIはウェブでの利用が多かったのですが、androidやiosなどのスマートフォン利用が急速に増えています。これらのサービスでは地図を表示する、ルート検索、地図上にデータを追加するなどさまざまなサービスが提供されていますが、多くはグーグルのGoogleMapsを利用することが多いようです。...

    • GoogleMapsAPIのウェブ利用での登録

      GoogleMapsAPIをウェブで利用したいと考える場合にはGoogleMapsへの登録が必要です。GoogleMapsの登録は2段階で行われます。...