雨漏り修理を行う際のポイント

subpage01

雨漏りがおこった場合、どこに雨漏り修理を依頼すればよいのか、どのくらいの費用がかかるのかわからないという人が多いと思いますが、屋根の施工職人のいない工務店に頼んでしまうと、下請けの業者に依頼することになるため、よけいな費用を支払うことになりますから、屋根の工事を施工する業者に依頼することが大切です。


また、雨漏り修理というのは、技術が必要な作業で、手抜き工事を行われてしまうと、雨漏りが再発してしまいますから、信頼できる業者に依頼することがもっとも大切です。



雨漏りの原因が一部分の修理ですむような場合は、数万円程度の雨漏り修理で抑えることができますが、駆体内部にまで雨水が浸入して、木材を腐食しているような場合には、大幅なリフォームが必要となり、屋根全体を貼り替える必要がありますから、かなり高額な費用がかかってしまいます。



通常、経年劣化による雨漏りは、火災保険では補償されませんが、台風や突風で飛来物が飛んできたため、屋根や外壁が損傷したような場合には、火災保険の対象となることがあり、修理費用を保険金で支払うことも可能ですから、必ず雨漏りの原因を突き止めることが大切です。



ただ、地震によって瓦がずれたり、外壁にひびが入ったことで、雨水が浸入したような場合は、火災保険ではなく地震保険の対象となりますから、地震保険の加入も検討した方がよいでしょう。保険の申請には、雨漏りの原因となる箇所の写真や室内の写真が必要になりますから、きちんと証拠を残して起きましょう。