• GoogleMapsAPIのウェブ利用での登録

    GoogleMapsAPIをウェブで利用したいと考える場合にはGoogleMapsへの登録が必要です。


    GoogleMapsの登録は2段階で行われます。
    1段階目はグーグルアカウントを利用した簡易登録です。

    GoogleMapsAPI情報探しに特化した総合サイトです。

    グーグルアカウントを持っていれば1分もかからずに取得可能です。
    2段階目はクレジットカードやデビットカードを登録して本人確認をすることです。

    クレジットカードやデビットカードを登録すると勝手に課金されると考えがちですが、1日での課金上限を設定できますので多額の課金が行われることはありません。

    GoogleMapsAPIでは無料枠が用意されています。

    こだわりのgoo ニュースで快適な暮らしを実現しましょう。

    これは従来のGoogleMapsの利用である地図の表示を無料化する意味も含まれてます。

    ウェブでの利用の場合は地図を埋め込んで表示させるケースがほとんどですが、この利用についてはアクセス数にかかわらず無料化されています。



    しかし、広告が入りますので外したい場合にはプレミアム版が別途用意されています。
    GoogleMapsAPIのウェブ利用では埋め込み以外に距離算出やルート検索機能を利用するケースも有ります。この機能を利用する際には1日ごとにカウントされることになります。
    API呼び出しは1日辺り25000回まで無料化される機能と、2500回までの無料枠がある機能とに分けられます。


    ウェブでどのようなサービスを提供するのかで料金、無料枠が変わりますので注意したいところです。