• アプリ用GoogleMapsAPIの登録

    GoogleMapsAPIはウェブでの利用が多かったのですが、androidやiosなどのスマートフォン利用が急速に増えています。これらのサービスでは地図を表示する、ルート検索、地図上にデータを追加するなどさまざまなサービスが提供されていますが、多くはグーグルのGoogleMapsを利用することが多いようです。

    ビジネス視点でGoogleMapsAPIの情報はココで集まります。

    iosやandroidなどのアプリではウェブと同様にGoogleMapsAPIの呼び出しで地図を取得します。GoogleMapsAPIでは地図の表示だけなら料金がかかることはありません。


    広告が入りますが、プレミアム版に登録すれば外すことも可能です。

    GoogleMapsAPIを利用するには登録が必要です。

    登録にはグーグルアカウントが必要ですが、数分で取得できますし、地図の表示だけなら本人確認も必要なく無料で利用できます。

    利便性を重視したYahoo!ニュースに関する企業の一覧です。

    地図サービスは地図の表示以外にも各種サービスがあります。

    特にルート検索、店舗検索などの機能はアプリに重要と考えられており、さまざまなアプリが多数の機能を利用しています。

    これらの機能もGoogleMapsAPIで簡単に呼び出せますが、1日あたりでカウントされ、無料枠を超えた分は課金となります。
    しかし、クレジットカードなどを登録しなくても利用することは可能であり、その場合はAPI呼び出しの際にエラーが返ってくる仕組みです。



    無料枠はクレジットカードを登録することで大幅に増え、多くの場合は無料枠で十分足りると考えられています。