• GoogleMapsAPIでできること

    GoogleMapsAPIでできることは多岐にわたりますが、地図サービス全般で利用できるだけの機能が用意されています。

    GoogleMapsAPIでは地図の表示、地図に関するデータの表示、地図を利用することが可能です。

    GoogleMapsAPI選びであなたの手助けをします。

    地図の表示については特にウェブやアプリでの利用が多くなっています。
    ウェブの場合は埋め込み型が多く、アプリの場合は単に地図を表示する際に利用されるケースが多いです。

    どちらのケースも表示だけなら料金はかかりません。

    料金がかかるのは地図データの利用と地図を利用した各種サービスをGoogleMapsAPIから呼び出した場合です。

    地図データや店舗データやジオデータなど多岐にわたりますが、GoogleMapsでは簡単にAPIで呼び出せます。

    評価の高いOKWave情報探しに特化した総合サイトです。

    呼び出す際にはAPIごとにカウントされて1日単位で課金されることになります。


    課金については無料枠が用意され、個人や小規模利用ではほぼ問題ない程度設定されていると考えられています。

    データの他に各種サービスも魅力です。

    例えば2地点距離の算出です。

    地図上での距離は見た目以上に遠い場合も多く、縮尺などを一定に保ってデータを計算してくれるサービスはとても有効です。

    また、ルート検索も有能であり、車、徒歩、交通機関などさまざまな条件を設定して最適案ルートの他に数ルート用意してくれます。



    ユーザーが必要とする地図情報全てにアクセスできるという意味で、GoogleMapsは特に有効なサービスといえます。